マツダ新型CX-30、日本発売へ 新SUVの価格/サイズ/内装/CX-3との違い

2019.09.20

新型CX-30の外観

CX-30は「Sleek and Bold」をデザイン・コンセプトとし、伸びやかなクーペの美しさと大胆な SUVの力強さという、相反する2つの表情を併せ持ったデザインを実現。魂動デザインの要素である「余白」「反り」「移ろい」の考え方のもとに、書道の「溜めと払い」がCX-30の造形テーマとされた。

フロントフェンダーからリアタイヤへアーチを描いくショルダー部は「反り」を表現し、明確なキャラクターラインは与えず、その下のボディ面に周囲の景色をS字型に映り込ませて、動きを表現するデザインとされている。

テールランプ・レベルが後方に張り出している分、荷室も広くなっている
テールランプ・レベルが後方に張り出している分、荷室も広くなっている

部分的にも凝った造形がなされ、フロントエンドは端正で精悍な表情にデザインされ、立体的な造形により存在感を高めている。ルーフラインは後席のヘッドクリアランスを確保しつつクーペ的でスポーティに見えるように後端で下げるとともに、Dピラーを寝かせて流麗で動きのあるスタイリングを実現した。

注目したいのはリアエンドの造形で、大きく傾斜したリア・ウインドウからのラインは、テールランプ・レベルで大きく飛び出したのちボディ下部に収束するグラマラスなデザインが印象的だ。またこのデザインによりラゲッジの有効スペースを確保するという実用性も隠されている。

 
最新海外ニュース

人気記事