マツダ新型CX-30、日本発売へ 新SUVの価格/サイズ/内装/CX-3との違い

2019.09.20

新型CX-30のシャシー

人間中心の考えをさらに突き詰め、「走る歓び」と「究極の人馬一体」を実現したというCX-30。プラットフォームはマツダ3と共用するが、ホイールベースは2725mmから2655mmに短縮されている。

モノコックは基本骨格のストレート化と環状構造を採用し、剛性とエネルギー伝達効率をさらに高めたマツダ独自のボディを採用。

後席を倒すとこれだけの空間が生まれる。定員乗車でも67L〜70Lサイズのスーツケース2つを積載可能
後席を倒すとこれだけの空間が生まれる。定員乗車でも67L〜70Lサイズのスーツケース2つを積載可能

従来の構成に加え前後ダンパー取り付け部など前後方向にも骨格を連続させたマルチ環状構造により伝達遅れを低減。ダンパーやタイヤの機能を最大限に発揮する。

またマツダ3で採用された路面からの入力を特定部位へ集中させて減衰吸収する構造を備え、ノイズの原因となる振動を効果的に低減させている。

サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット式、リアはトーションビーム式を採用。マツダ3で新採用された球面形ブッシュやサスペンション・ジオメトリー、中央と外側で径を変えたセンタービームを受け継ぐと共に、車高の高いSUVに合わせてロアアームの角度やロールセンター高が最適化された。

マツダがこれまでに追求してきた路面からの入力を素早く正確に伝え、操作に対してリニアに反応する挙動を造り上げ、自然な操縦安定性を実現したという。

 
最新海外ニュース

人気記事