堀場製作所が買収 トップギアのテストコース なぜ? 中では何が? 現地ルポ 後編

2019.09.22

100字サマリー

後編ではホリバMIRAで進められている人材育成への取り組みをご紹介します。自動車発明以来、最大の変革期を迎える中にあって、未来のモビリティーづくりに関われることが喜びだとスタッフは話してくれました。番外編ではMIRAが生み出したマシンも登場します。

もくじ

ホリバMIRAの魅力
未来のモビリティーづくり
番外編1:自動車の未来を守れ
番外編2:MIRAが生み出したマシン

ホリバMIRAの魅力

text:Matt Prior(マット・プライヤー)

「いま、研究開発を行うキャンパスの設置を進めているところです」と、且つてのコントロールタワーを含む3平方キロメートルの敷地が見渡せるオフィスでアレンは話す。

ここからであれば、デジタル接続によって走行中の車両と基地局間の通信が可能な新たな市街地コースが一望できるが、現在この場所はドライバー支援システムと自動運転、さらには交通管制技術開発に使用されている。

ロボットのダミー(真ん中)が先進運転支援システム開発には欠かせない。
ロボットのダミー(真ん中)が先進運転支援システム開発には欠かせない。

ボスワース・バトルフィールドに近すぎるという理由から反対論があったものの、直径300mもの巨大な円形アスファルト舗装路と、そこへと続く全長350mのアプローチルートを含む別のコース建設も始まっており、他にも自動駐車技術の開発とテストを行うためのコースが新設される予定だ。

「ホリバMIRAの素晴らしいところは、クローズドのサーキットがあるかと思えば、独立したエリアがあり、さらには、コネクテッドと自動運転モデル向けの高速道路インフラまで揃っているというところにあります」と、ホリバMIRAで技術トップを務めるグレアム・スチュアートは言う。

未来のモビリティーづくり

いまわれわれがいるのは、職業訓練コースから博士号取得まで、さまざまな授業を行っているテクノロジーセンターのロビーであり、ここでは誰もがコーヒーを飲んだり待ち合わせをしたり、EVを充電することもできる。

テクノロジーセンターの運営は地元教育機関とのパートナーシップのもとで行われており、開設以来8カ月間で3400人の学生を受け入れている。つまり、有能なエンジニアの育成も彼らが果たすべき役割の一環だということだ。

コネクテッドモデルの安全性確保が喫緊の課題だ。
コネクテッドモデルの安全性確保が喫緊の課題だ。

「いま自動車業界で進んでいる技術革新は、馬車から自動車への変革に匹敵するほどのものだと考えています」と、スチュワートは言う。

「それが楽しみのひとつでもあります。最高級のラグジュアリーモデルから、トゥクトゥクのような3輪タクシー、さらには無人走行車、主力の乗用車まで数多くのプロジェクトに関わることが出来ると言うのは素晴らしいことです。未来のモビリティーづくりに携わるチャンスです」

 
最新海外ニュース