アリエル・アトム4 試乗 目的地はシンクロトロン 英国最高の頭脳が集まる場所 後編

2019.09.23

サマリー

新たにホンダ・シビック・タイプRのエンジンを与えられたアリエル・アトム4に乗って、スピードと重量に関する究極の研究施設とも言えるシンクロトロンを訪問しました。当然のように風には見舞われましたが、素晴らしい旅となった模様をお送りする後編です。

もくじ

ミニマリストの精神
パンツはずぶ濡れ 心から満足
番外編:シンクロトロンとは?

ミニマリストの精神

それでもABSが装着されていないことなど大した問題ではなく、見事なペダルフィールのお陰で、フロントタイヤのロックを心配する必要などほとんどない。マニュアルギアボックスのフィールも素晴らしく、ホンダS660ゆずりのガッシリとしたシフトはこのクルマに完ぺきにマッチしている。

雨不足にもかかわらず、大きな水たまりが跳ね上げる水しぶきのお陰で服が乾く暇もなかったが、それでも、わたしはつねにニヤニヤしっぱなしだった。

アリエル・アトム4
アリエル・アトム4

小規模なスポーツカーメーカーでは、ときに楽観的過ぎたり、あまりに多くの車両生産を行おうと考えたり、さらには多くの高価な装備を与えようとしたりして失敗することがあるが、アリエルはつねにそうした失敗とは無縁の存在であり、ブランドを象徴するミニマリストの精神は、アトムのバスタブ形状をしたボディよりも深く彼らの中に埋め込まれている。

ルーフも無ければドアもヒーターも、ましてやほとんどのモデルでウインドスクリーンすら持たないのは、こうしたものを装着することで複雑さとコスト、そして重量が増加することになるからであり、なによりも、こうした装備はアリエルのモデルからドライビングへの集中を奪うことに繋がる。

 
最新海外ニュース

人気記事