リマック EVメーカーとしての未来と過去 グランドツアーでの事故

2019.09.23

年間数台の生産でも従業員は550名

生産台数を比較するのも面白い。2018年、トヨタは世界合計で888万5533台のクルマを製造している。従業員は約37万人だから、デザイナーや受付けの人などもすべて含めると、1人あたり24台を年間製造していることになる。フェラーリでさえ1人あたり年間3台、1年で合計1万台弱が生まれている。

同じ計算を当てはめると、リマック社の従業員は年間0.0036台だ。Cツーが製造されると、0.06台に増える可能性はあるが、新たに従業員も増やされるから、そこまでは増加しないだろう。

リマックCツー
リマックCツー

もちろんリマック社の社員は遊んでいるわけではなく、エネルギーで満ちている。ロボットや生産ラインが無い代わりに、デルやレノボのPCが並び、若いスタッフが画面に向かって作業を続けている。

工場に入れば、バッテリーや正確にカットされたアルミニウム、オートクレーブ・マシンから出てきたばかりのきれいなカーボンファイバー製ボディを見ることができる。これらは、製造に対する投資を生み出すキッカケでもある。

マアテイは情熱的で革新的な発送を持っているが、550人を超える従業員を抱える鋭いビジネスマンでもある。スタッフの平均年齢は31歳だという。リラックスルームには、プレイステーションも用意されているのが今どきだ。建物は5棟に分かれており、面積は1万平方メートル。曲がりくねった廊下と階段が続く。

新しいキャンパスも数年の内に建設予定だという。クロアチアの国外への移転も投資家から進められたそうだが、マアテイはそれを拒否した。ロンジンは、CEOは何かを達成できないとしても、会社を構成する哲学を重要する人物だと話す。その思想からの努力として、リマック社のクルマ以外の様々な技術が誕生してきた。

 
最新海外ニュース