つるんとした「シンプル顔」のクルマが増えたワケ 「怒り顔」と2大勢力? 時代背景も

2019.09.29

フロントマスクがツルンとしていた時代も

しかしクルマのデザインが最初から怒り顔だったわけではない。

例えば歴代シビックのフロントマスクを振り返ると、1972年に発売された初代モデルと1979年の2代目は、2灯式ヘッドランプの間に横長のグリルを配置する穏やかな表情だった。

1984年当時のホンダ・シビック。
1984年当時のホンダ・シビック。

これが1983年に発売された3代目では、グリルレスに見えるツルンとしたフロントマスクに変化している。1987年の4代目、1991年の5代目も同じ方向性だ。

1995年の6代目になると再び横長のグリルが装着され、2005年の8代目では、日本仕様はセダンのみになったが目を吊り上げる怒り顔の方向に発展した。

シビックのように、グリルレスに見えるツルンとしたフロントマスクは、1980年代の車種に多い。

1982年に発売された日産パルサー・エクサ/3代目ホンダ・プレリュード/スタリオン、1983年の4代目トヨタ・スプリンター・トレノ、1985年の2代目マツダRX-7、1986年の2代目ホンダ・シティ、1987年の日産Be-1、1988年5代目の日産シルビア、1989年のインフィニティQ45などは、いずれもツルンとした顔立ちだ。

当時はスポーティ感覚を演出するため、フロントマスクを鋭角的に見せることが多かった。そうなるとボンネットは前方に傾斜して、フロントマスクは上下幅が薄くなるから、必然的にフロントマスクがツルンとしてくる。

特に1980年代は、フロントマスクの鋭角化がエスカレートして、ヘッドランプを電動で昇降させるリトラクタブル方式も多く採用された。

この機能を装着すると、昼間は目を閉じた表情になるから、必然的に顔立ちがツルンとする。

Be-1のように、フロントマスクに相応の上下幅を持たせながらツルンと仕上げた車種もあったが例外的だ。

シビックを例に述べた通り、クルマのフロントマスクは、1980年代に入ると性能の高さを表現してシャープな薄型になった。

その結果、フロントグリルも上下幅が狭まってツルンとした。この時代を経て、最近は再びフロントマスクが上下方向の厚みを増すようになった。

 
最新海外ニュース