次期型アウディA3 ほとんどカモフラなしの姿で路上テスト中

2019.09.29

高性能なS3もテスト中

新型A3もこれまでと同様、多くの派生モデルが作られることになるだろう。標準となるハッチバックとセダンのほか、メルセデス・ベンツCLAや今後登場が予想されるBMW2シリーズ・グランクーペの対抗となる新しい5ドア・リフトバックも登場する見込みだ。さらに高性能版のS3も、カモフラージュを施したテスト車両が既に路上で目撃されている。

アウディは新型A3の他にもう1台、新しいコンバクト・モデルを開発している。MEBアーキテクチャを使った新型電気自動車だ。

次期型アウディS3
次期型アウディS3

現在はSUVの人気が高いものの、これらのコンパクト・モデルは今後大いに有望であるとミントは信じている。「今後、間違いなくコンパクトカーの市場は成長するでしょう」と、ミントは言った。「わたしたちは実際、このセグメントに関していくつもの良いアイディアを持っています。これからも力を入れていきます」

リフトバックが新登場

第4世代となる新型A3はまず、来年前半に5ドア・ハッチバックが発売になる見込みだ。これは2012年のジュネーブ・モーターショーで発表された現行型の後継となる。全長と全幅が大きくなるが、トレッド幅は現行と変わらず、ホイールアーチが拡大される。

最新のメルセデス・ベンツAクラス・セダンに対抗する新型A3セダンは、2020年内に登場するはずだ。最後に加わる5ドア・リフトバックは、おそらく2021年以降になるだろう。

新型アウディA3リフトバック予想図
新型アウディA3リフトバック予想図

新型A3に用意されるエンジンは、1.0L直列3気筒と、1.5Lおよび2.0L直列4気筒のガソリン・ターボ。そして2.0L直列4気筒ディーゼルには3種類の異なるチューニングが設定される。フォルクスワーゲン・パサートGTEのドライブトレインを使ったプラグインハイブリッドも加わるだろう。アウディはMEBアーキテクチャによる新しいハッチバック型EVを開発中であるため、A3のEV版は登場しない。今年のジュネーブ・モーターショーで発表されたQ4 eトロンが、それまで同社の最もコンパクトなEVとなる。

A3シリーズで最も販売が少ないカブリオレの後継が用意されるかどうかは不明だ。コンバーチブル市場の現状や、フォルクスワーゲン・グループが同じCセグメントのビートルを生産終了したことを考えれば、その可能性は低いと言えるだろう。

 
最新海外ニュース

人気記事