フェラーリSF90ストラダーレとは 初のPHEV、詳細解説 サイズ/スペックは?

2019.10.09

エアロダイナミクス

現代のクルマを語るうえで欠かせないのが空力特性だ。

ことスーパースポーツとなると超高速の領域も加わるだけに、積極的なアプローチがなされている。

フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ

SF90ストラダーレでは強大なダウンフォースの管理とともに、エンジンをはじめ熱対策が不可欠な電動モーターやインバーター、バッテリーパックなどのハイブリッド・システムのクーリングに注意が払われた。こうしてすべての面を突き詰められた結果250km/h時のダウンフォースは390kgを獲得している。

新たに採用された空力デバイスが「シャット・オフ・ガーニー」だ。これはリアエンド上面パネルに内蔵されたフラップが電動アクチュエータでパネルとともに下降して、流気をせき止めることによってダウンフォースを発生させるもの。

往年のガーニー・フラップを現代的に解釈したもので、大きなダウンフォースが必要となるコーナリング時やブレーキング時に作動する。このシステムによって生み出される追加ダウンフォースは、300km/h時で100kgになるという。

フロント部分では以前から採用されているフロア部分に配されたボルテックス・ジェネレーターをより進化させ、高いダウンフォースを得ている。フロント・バンパーはロアとアッパーに2分割され、それぞれがウイングの役割を果たす。

またヘッドライトの内側にはブレーキ・クーリング用のインテークが設けられて、リアはアンダーフロアから新気を取り入れてリア・キャリパーを冷却する。

 
最新海外ニュース

人気記事