【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

フェラーリSF90ストラダーレとは 初のPHEV、詳細解説 サイズ/スペックは?

2019.10.09

シャシー

SF90ストラダーレはハイブリッド・システムを備えるため、増加したシステム重量270kgはパワーアップで対応できたが、車両総重量を1570kgに抑えるためにマルチ・マテリアルとマルチ・テクノロジーによる軽量化が推し進められた。

シャシーは近代フェラーリの定型といえるアルミ・スペースフレームを継承するが新設計された。

フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ

従来のリブ付き構造材に代わって採用した中空ケーシングで、新たなソリューションとしては、キャビンとエンジンを隔てるバルクヘッドにフルカーボン・ファイバーが用いられた。カーボンパーツはこのほかにもアンダーフロア・パネルやドアなどにも使用され軽量化に貢献している。

使われているアルミ合金は高強度の7000シリーズ合金で、SF90ストラダーレのシャシーは、従来の車体に比べて曲げ剛性20%強化、ねじり剛性40%強化を、重量増なしで実現している。またフロアには「静かなアルミニウム」として知られる新合金を採用することにより、NVHが改善された。

サスペンション

サスペンションは公式な発表はないが、構造説明用の動画を見るとフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがマルチリンク式と8気筒ミドシップ・モデルでおなじみのタイプが踏襲されている。

ブレーキはフェラーリの定番となったカーボン・セラミック・マテリアル(CCM)製のローターで、フロントは398mm径、リアは360mm径が組まれる。

フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ

1000psのパワーに対応するため、冷却風をローターとパッドに導く新型のブレーキ・キャリパーがブレンボと共同開発され、前輪にロードカーとして初採用されたことも見逃せない。

 
最新海外ニュース