[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

メルセデスAMG A 45 S 東京モーターショーで日本初公開 421ps 4気筒ターボ搭載

2019.10.23

100字サマリー

メルセデスAMGは、10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019で、メルセデスAMG A 45 Sを日本初公開しました。会場で撮影した写真をご覧ください。

もくじ

量産最強 4気筒ユニット搭載
ドリフト、ローンチコントロールも

量産最強 4気筒ユニット搭載

メルセデスAMGは、10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019で、新しいメルセデスAMG A 45 S 4マティック・プラスを日本初公開した。

フロントに搭載するエンジンは、世界最強4気筒ユニットとされるM139型。2.0Lのターボガソリンから最高出力421ps、最大トルク51.0kg-mを発生する。ベースグレードのA45の場合は387psと48.9kg-mだから、かなりのパワーアップを果たしている。

メルセデスAMG A45 S
メルセデスAMG A45 S

0-100km/h加速3.9秒というスーパーカーに匹敵する性能を持つハッチバックで、8速デュアルクラッチATを介して4輪を駆動。最高速度は270km/hでリミッターが掛かる。

基本的にはFFだが、急加速やコーナリング時に後輪へとトルクが伝達される。

ドリフト、ローンチコントロールも

既にAUTOCARではスペインで試乗を果たしているが、メガ・ホットハッチと呼べる領域に達するパフォーマンスを備えていた。メルセデスAMGによれば「コンパクトクラスにおけるスーパースポーツカー」という位置づけを目指したという。

ESC(エレクトリック・スタビリティ・コントロール)は、通常のオン(ノーマル)、スポーツ、オフから選択が可能。リアタイヤへ伝わるトルクが増えるドリフトモードに、ローンチコントロールも装備するスパルタンぶりだ。

メルセデスAMG A45 S
メルセデスAMG A45 S

第46回東京モーターショー2019でのメルセデス・ベンツ及びメルセデスAMGのブースは、南展示棟南2ホールとなっている。

 
最新海外ニュース