地球温暖化防止 カギを握るのは自動車メーカー? 目指すはカーボンニュートラル

2019.12.01

カギはカーボンニュートラル

例えば、ボルボでは2040年までにカーボンニュートラルな自動車メーカーになるという目標を掲げている。

そのためにさまざまな目標設定を行っており、2025年までに1台あたりのライフタイムCO2排出量を40%削減するという目標とともに、同じタイミングで世界全体のサプライチェーンでのカーボンニュートラル実現を目指しているのだ。

フォルクスワーゲンではID3を同社初のカーボンニュートラルなモデルだとしている。
フォルクスワーゲンではID3を同社初のカーボンニュートラルなモデルだとしている。

さらに、ブロックチェーン技術を使って、リチウムイオンバッテリーのサプライヤーであるCATLやLG化学が使用するコバルトの原産地を確認出来るようにすることで、責任ある原料調達を実現したいとも話しており、将来登場するモデルでは、オーナーに対して平均的なライフタイムCO2排出量を示すことも考えているという。

ボルボ同様、フォルクスワーゲンでもカーボンニュートラルを目指しているが、その目標は2050年までというものだ。それでも彼らは、生産を担当するツヴィッカウ工場ではすべて再生可能エネルギーを使用していることから、ID 3のことを同社初のカーボンニュートラルなモデルだと誇らしげに語っている。

その他にも多くの自動車メーカーで、工場で使用するエネルギーを再生可能エネルギー由来にすべて切り替えたり、その他の方法でCO2排出量の削減を図るなどの対応を進めている。

 
最新海外ニュース

人気記事