【まさかの1900ps超え】ピニンファリーナ・バティスタ パフォーマンスEVの革新? 答えは2020年に 後編

2019.12.08

100字サマリー

1927psものパワーと235kg-mのトルクという途轍もないスペックで登場する予定のバティスタですが、このクルマの魅力はそのスペックだけではないようです。フォーミュラEマシンを凌ぐ加速力と、ブガッティほどの高級さを併せ持つこのクルマの真の姿に迫ります。

もくじ

目指すはグランドツアラー
興味深い見解 答えは来年
番外編1:フォーミュラEが練習台?
番外編2:先駆者たち

目指すはグランドツアラー

このモノコックは四輪駆動ドライブトレインとともに、ポルシェが株主となっているクロアチアの新興メーカー、リマック社から供給されるが、彼らのコンセプト・ツーは、よりサーキット向きのセッティングが採用されていることを除けば、その中味はバティスタと非常に強い技術的な繋がりを持っている。

それでも、最新の情報によれば、よりソフトなサスペンションスプリングと、初期設定では35対65というリア優勢のトルク配分を採用するバティスタは、可能な限り滑らかな乗り心地を実現したグランドツアラーを志向しているようだ。

ピニンファリーナ・バティスタ
ピニンファリーナ・バティスタ

そのミッドエンジンのボディシェイプと、驚くほどの速さにもかかわらず、バティスタにはなにか優雅な雰囲気が感じられるのであり、ニュルブルクリンクのレコードラップ争いに関してウォルマンは「パフォーマンスと冷却の問題から、バティスタが参戦することはない」と話している。

「われわれの目的はタイムアタック用マシンを創り出すことではありません。これは明らかです」と、ニック・ハイドフェルドもウォルマンに同意する。この元F1パイロットはバティスタの動力性能に関するアドバイスを行っており、カラファト・サーキットでは興味深い話を聞かせてくれた。

 
最新海外ニュース