【2.8万人が来場】ニスモ・フェスティバル2019 日産のレースファン感謝イベント

2019.12.19

サマリー

日産ファンにおなじみとなった「ニスモ・フェスティバル」のレポートです。今年は、タイムアタックも開催されました。

もくじ

ニスモの1年 締めくくりのイベント
プログラムでファンを魅了
GTチャンピオン 叶わなかったが…

ニスモの1年 締めくくりのイベント

text&photo:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)
photo:NISSAN MOTORSPORTS INTERNATIONAL CO.,LTD.

GT-RとフェアレディZにとって、特別な年だった2019年。

その1年間の日産のモータースポーツ・シーンを、ファンとともに振り返るニスモ・フェスティバルが、富士スピードウェイで開催された。

フェアレディZは今もなお消えることの無い日産のイメージリーダーだ。今年は50周年を迎える。
フェアレディZは今もなお消えることの無い日産のイメージリーダーだ。今年は50周年を迎える。

今年の話題の中心はなんと言っても日産を代表するスポーツモデルとして、多くの人が憧れてきた、GT-RとフェアレディZがそろってデビューから50周年を迎える記念すべき年であるということ。

現行型に対しても勿論、日本車の旧車の世界的人気をけん引しているこの2台については、歴代モデルの国際的評価も年々上がってきている。

今でこそスポーツカー市場は限られた愛好家だけを対象としたものとなり、セールスの規模こそそれほど大きなものではなくなってしまった。しかしながら、今も昔もモータースポーツ・シーンでの活躍や、それを通してニスモはもとより日産自動車とユーザーとのコミュニケーションにおいても欠かせないクルマとしての存在感を示している。

 
最新海外ニュース

人気記事