【頭文字D(イニシャルD)】「藤原豆腐店」は実在した! 区画整理で伊香保の博物館に移設

2020.01.01

区画整理のタイミングで閉店 その後は?

もう1つ、看板やその他のセットを映画と同様に残していたことには寂しい理由もあった。

2回目にロケ地巡りで訪れた際、お店のご主人がこのような話をしていた。

「伊香保おもちゃと人形・自動車博物館」の内部。
「伊香保おもちゃと人形・自動車博物館」の内部。

「この場所は渋川市の区画整理が行われる場所なんです。あと1〜2年もしたら豆腐店も無くなってしまうんですよ」

「藤野屋豆腐店は100年以上続いている豆腐屋ですが、わたしたちの次にお店を継ぐ後継者もいません」

「それで、区画整理でお店が取り壊されるタイミングで、お店をたたもうと思っているんです」

わたしたちもその話を聞いて非常に寂しい思いをした。閉店の話は瞬く間に世界中を駆け巡り、多くの頭文字Dファンを悲しませた。

中には、「お店を丸ごと移築したい」「博物館にしたい」という遠方からの申し出もあったとのこと。

取り壊されてなくなってしまうことを案じた多くのファンは、とある博物館に藤原豆腐店の移設を嘆願するメールを送り始めた。

その博物館とは伊香保温泉にある「伊香保おもちゃと人形・自動車博物館」である。

私設博物館として日本一の来場者数を誇る人気の施設だ。

伊香保と言えば藤原拓海が中学生の頃から、父親である文太の命によってハチロクに豆腐を積んで、午前4時に店を出て配達に向かっていたルート上にある温泉街でもある。

移設先としては最高の場所だ。

 
最新海外ニュース