【三菱の新型】軽スーパーハイトワゴン eKクロス スペース/eKスペース

2020.01.10

サマリー

三菱自が、新型軽ハイトワゴン「eKクロス スペース」「eKスペース」を春に発売。東京オートサロン2020に参考出品されました。広々とした室内空間に注目。

もくじ

NMKV発の第2弾
内装 クラストップレベルの広さ
運転支援技術・安全装備は?

NMKV発の第2弾

三菱自が、今春に発売を予定されている新型軽スーパーハイトワゴンの車名が決定した。

クロスオーバーモデルは「eKクロス・スペース」、標準モデルは「eKスペース」と名付けられ、東京オートサロン2020に参考出品されている。

大きな開口部のグリルを持つeKクロス スペースと違い、開口部の少ないボディ同色のグリルが与えられたeKスペース。
大きな開口部のグリルを持つeKクロス スペースと違い、開口部の少ないボディ同色のグリルが与えられたeKスペース。

このモデルは、2019年3月に発売した「eKクロス」「eKワゴン」に続き、三菱自と日産の合弁会社であるNMKVが企画・開発を行った「軽」の第2弾となる。

デザインテーマは「SMILES & FREESTYLE」とされ、軽スーパーハイトワゴンならではの広々とした快適な居住空間を実現。

同カテゴリーに求められる性能と機能を盛り込んだ、三菱らしさを追求した新型軽スーパーハイトワゴンとなっている。

内装 クラストップレベルの広さ

まずはeKクロス・スペースの外観は、フロントフェイスに三菱自のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」がeKクロスに続き採用。

水平垂直基調のバンパーやグリルにより、SUVらしい力強さと安定感を表現している。

ボディカラーに合わせ、シックな印象のeKクロス スペースの内装。ダッシュボードにステッチが施されている。
ボディカラーに合わせ、シックな印象のeKクロス スペースの内装。ダッシュボードにステッチが施されている。

前方から後方に向かって伸びる彫刻的で立体感のあるキャラクターラインにより前後に突き抜ける勢いのある骨格の強さが特徴。

タイヤを車体の四隅に配し、それを包み込むバンパーサイドへとつながるフェンダーにより、しっかりと路面をつかんで踏ん張るイメージが強調されている。

フローティングルーフやベルトラインから繋がるリアで上部に切れ上がるジェットフィンピラー(Dピラー)を採用し、薄く滑らかなキャビンを表現しつつ、力強く厚いボディとのコントラストにより、トップクラスの居住空間を生み出した。

また、サイドシルガーニッシュとホイールアーチをブラックアウトし、前後バンパー下部のスキッドプレート形状部をシルバーとすることで、SUVらしさが強調されている。

次に「eKスペース」の外観は、ヘッドランプからボディサイドへと連続するキャラクターラインにより、一体感があり伸びやかでスタイリッシュなデザインが施されている。

インテリアでは、小さな子供のいる家族での使用が想定されており、リア・スライドドアの開口幅、リアシートのスライド量、後席足元の広さをクラストップレベルとし、後席の居住性を最大化させている点などは2モデル共通。

また、室内の空気を循環させるシャープ製のプラズマクラスター付きリアサーキュレーターが一部のグレードに標準装備され、後席での快適性が高められている。

運転支援技術・安全装備は?

パワートレインは、ハイブリッド・システムを採用する自然吸気エンジンとターボエンジンを設定。CVTと組み合わせることで、力強く滑らかな加速性能と優れた燃費性能を両立した。

なお、ターボエンジン搭載車は、ステアリングホイールから手を離すことなく変速操作ができるパドルシフトを採用している。

eKクロス スペースに比べてシンプルなデザインとされたeKスペースの内装。
eKクロス スペースに比べてシンプルなデザインとされたeKスペースの内装。

また、日本国内では三菱自動車初となる「ヒルディセントコントロール」を搭載。急な下り坂でも安心してハンドル操作に集中できる。

注目の運転支援技術・安全装備は、高速道路の同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど「サポカーSワイド」に該当する予防安全技術「e-Assist」を採用している。

 
最新海外ニュース

人気記事