【初公開】TEIN(テイン)ランクル用4×4ダンパー・グラベル ダンパー・エラー・キャンセラーも TAS2020

2020.01.12

100字サマリー

東京オートサロン、TEINブースをレポート。新製品のクロスカントリー用アブソーバに加え、新型スープラ用も登場。さらに、気になるエラーキャンセラーも。

もくじ

4×4ダンパー・グラベル登場
H.B.S.搭載
ダンパー・エラー・キャンセラーとは?
新型スープラ用アブソーバ

4×4ダンパー・グラベル登場

text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)

自動車用ショックアブソーバーを1985年から製作してきた「TEIN(テイン)」では、35年という長い実績を活かし、今日も高品質サスペンション・システムの企画、設計、生産、販売までを一貫して手がけている。

テインのマスコットキャラクターである「ダンパッチ」と「ダンパティ」が登場した東京オートサロン2020の会場では、新製品の「4×4ダンパー・グラベル」を初公開。今年も世界戦略製品のリリースが続くことをアピールした。

ツーリング・リフトアップ・ダンパー「4x4ダンパー・グラベル」:ランドクルーザーGRJ200
ツーリング・リフトアップ・ダンパー「4×4ダンパー・グラベル」:ランドクルーザーGRJ200

4×4ダンパー・グラベルは、モンゴルやロシアにおける過酷な長距離オフロード走行までを想定し、高い耐久性・走破性を確保したクロスカントリー4WD用ショックアブソーバだ。

高性能だがプロユースというわけではなく、悪路を走行する機会が多い一般のユーザーをターゲットにしている。

H.B.S.搭載

もちろん、オフロードでのスポーツ走行ぐらいであれば難なくこなせるので、そういったアクティビティを趣味にしているクロスカントリー4WDユーザーにもオススメだ。

サスペンション性能の大きな柱であるコンフォート性・操縦安定性を向上させるため、4×4ダンパー・グラベルには世界のラリーシーンからフィードバックした新機構、ハイドロ・バンプ・ストッパー(H.B.S.)を搭載。

ツーリング・リフトアップ・ダンパー「4x4ダンパー・グラベル」:ランドクルーザーGRJ200
ツーリング・リフトアップ・ダンパー「4×4ダンパー・グラベル」:ランドクルーザーGRJ200

また、別タンク式とし、70φのシェルケースを採用することで、4×4ダンパー・グラベルは十分なオイル量と高い放熱性および剛性を確保し、本来の性能を長時間発揮させることが可能となっている。

16段伸/縮別減衰力調整機構によって、細かなセッティングも可能だ。

 
最新海外ニュース