【どんな人が注文?】新型コルベット 欧州車好きが興味、アメ車好き少なく 初日100件以上の受注

2020.01.14

新型コルベット、どんな人が注文?

ところで、新型コルベットを予約注文しているのはどんな人達なのだろうか?

GMジャパン広報担当者に聞いてみた。

ブース内の商談スペース。これまで欧州車に乗っていた方が多い印象とのこと。 撮影:加藤博人
ブース内の商談スペース。これまで欧州車に乗っていた方が多い印象とのこと。 撮影:加藤博人

「予約をいただいているのは圧倒的に自営業の方が多いですね」

「職種は様々です。ずっとアメリカ車が好きという方は意外と少なく、これまで欧州車に乗っていた方が多い印象です。ミドシップになったことが関係しているのかもしれません」

「アメリカ車はやや際物っぽく扱われることも多かったのですが、右ハンドルの導入やミドシップの採用によって欧州製スポーツカーに興味がある方にも目を向けていただけるようになったと思います」

「ただ、もちろん、『やっぱりコルベットはロングノーズが良かった!』という方もいらっしゃいます」

大変好調な新型コルベットの受注だが、色が選べるのは3月末までとなる。

4色の基本色(アークティックホワイト/ゼウスブロンズメタリック/シャドーグレーメタリック/トーチレッド)+料金加算アリの2色(アクセレレートイエローメタリック、ラピッドブルー)の計6色が用意されている。

カラーとトリムのグレードを選んだうえで予約となり、予約の順番からオーダーを入れていく。

デポジットなどは不要。ただし、正式注文期日(7月末まで)に注文がない場合はキャンセルとなるので注意されたい。

 
最新海外ニュース