【比較】トヨタGRヤリスとノーマル・ヤリス どう違うのか ライバルは存在する? 検証

2020.01.14

GRヤリス どんなクルマがライバル?

GRヤリスの登場を目の当たりにして、多くのクルマ好きが「GRヤリスのライバルは?」などと考えていることだろう。

ベースのヤリスはBセグメントのハッチバックだ。GRヤリスは、そのハイパワーモデル、いわゆる「ホットハッチ」とか、かつては「ボーイズレーサー」などと呼ばれたモデルと想像しがちだ。

新型ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)のR.S.バージョンがライバルになる?
新型ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)のR.S.バージョンがライバルになる?

それならば、日本車ならスズキ・スイフト・スポーツ、輸入車ならフォルクスワーゲン・ポロGTIやルノー・ルーテシア(本国名クリオ)R.S.あたりがライバルか…と思われるかもしれないが、そうではない。

これらのモデルとは、誕生の仕方から異なっているのだ。

スイフト・スポーツやポロGTIなどで、モータースポーツに参戦する人もいる。そのプロセスは「市販車をモータースポーツのレギュレーションに合わせて改造する」というもの。つまり、市販車ありき、ということだ。

だが、GRヤリスは「モータースポーツで勝つために市販車を開発する」というプロセスで作られたのだ。

このやり方は、かつてWRCで勝つために作られたランチア・ストラトスやランチア・デルタ・インテグラーレ、最近ではニュルブルクリンクのFF最速ラップタイムを競い合うルノー・メガーヌ・R.S.とホンダ・シビック・タイプR、そして日産GT-Rなどの手法に近いと言えるだろう。

極端な言い方をすれば、BセグメントにGRヤリスのライバルはいない。

新型ルーテシアのR.S.がGRヤリスを意識したモデルとして登場すれば面白いのだが、実際の登場は少し先になりそうだ。

 
最新海外ニュース

人気記事