【4気筒→6気筒が復活】ポルシェ718ケイマンGTS 4.0/718ボクスターGTS 4.0登場 ケイマンGT4と共通

2020.01.16

718ケイマン/ボクスターGTS 4.0の内装は

インテリアでは、ダークカラーのアルカンターラが目に入る。

標準装備のスポーツシートプラスのセンターパネル、ステアリングホイールリム、センターコンソール、シフトレバー、および両側ドアのアームレストに、使用されている。

アルカンターラが標準装備のスポーツシートプラスのセンターパネル、ステアリングホイールリム、センターコンソール、シフトレバー、および両側ドアのアームレストに、使用されている。
アルカンターラが標準装備のスポーツシートプラスのセンターパネル、ステアリングホイールリム、センターコンソール、シフトレバー、および両側ドアのアームレストに、使用されている。

718ケイマンGTS 4.0の場合は、Aピラーとルーフライニングもアルカンターラで覆われる。

オプションの「GTSインテリアパッケージ」を選ぶと、別色のカーマインレッドまたはチョークを追加して、レヴカウンター、シートベルト、ヘッドレストの「GTS」刺繍ロゴを含むデコレーティブステッチ、およびブラックボーダー付フロアマットの「PORSCHE」ロゴを強調することができる。

トリムエレメントとセンターコンソールトリムはカーボン製。

高解像度7インチタッチスクリーンを備えたポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)と拡張されたトラックプレシジョンアプリを含むスポーツクロノパッケージが標準装備される。

モータースポーツに由来するこのスマートフォンアプリは、サーキットにおいてPCMディスプレイにパフォーマンス関連のデータを表示し、後で分析するために記録する。

日本仕様にはリアルタイム交通情報を備えたオンラインナビゲーションモジュール、ボイスコントロール、「ポルシェコネクト」も標準装備に含まれる。

BOSEサラウンド・サウンドシステムやBurmesterハイエンド・サラウンド・サウンドシステムはオプションとして用意される。

 
最新海外ニュース