【夜景の名所、突如出現】首都高の辰巳PAに出現 ナゾの構造物、防音壁? 実は違った 設置の裏側

2020.01.31

防音壁ではなく「ブラインドフェンス」だった

首都高速広報室からの回答をまとめると以下の内容になる。

辰巳PAの白い柱は何ができるのか?

構造物は防音壁ではなくブラインドフェンス(目隠し板)。迷惑行為を防止するための設置。

辰巳PAのマナー喚起に横断幕

「迷惑行為は110番通報を!」の横断幕。
「迷惑行為は110番通報を!」の横断幕。

辰巳第一PAでの迷惑行為について、PA内の4か所に「迷惑行為は110番通報を!」の横断幕を掲出している。

「減速帯」も設置 「辰巳ダッシュ」防止

ブラインドフェンスの設置が完了したあとに、減速帯の設置を予定(乗用車スペース前のストレート約100~120m部分)※辰巳PAを全速力で出ていく、いわゆる「辰巳ダッシュ」部分

工事期間は?

減速帯まですべて含めて6月頃の完成を予定。※横断幕に書いてあった「夜間閉鎖」(20時~翌朝6時)の今後の日程は以下となる

2月1日(土)、6日(木)、8日(土)、13日(木)、15日(土)、22日(土)、29日(土)

予備日:2月20日(木)、27日(木)

さらに「迷惑行為」とはど具体的にのようなものか? 追加で聞いてみた。

首都高速広報室が定義する「迷惑行為」

1.長時間滞在で他の利用者が利用できない。駐車できない
2.乗用車スペース前のストレートでの暴走・危険行為と騒音
3.空ぶかしによる騒音
4.大型スペースに乗用車が駐車しており大型車の駐車ができない

要するに、ブラインドフェンスを付けることで夜景バックに撮影しづらくする=集まるクルマを少しでも減らしたい=迷惑行為を減らしたい、という狙いがあるようだ。

 
最新海外ニュース