【クルマ以外も】BMW傘下のデザインスタジオ 代表作 6選

2020.02.16

USOC(米国オリンピック委員会)向けパラアスリート用車椅子

スポーツとは決して肉体だけの戦いではない。

スイムスーツやランニングシューズ、さらにはレーシングカーなど、つねにスポーツには戦いを左右する別の要素が含まれている。

USOC(米国オリンピック委員会)向けパラアスリート用車椅子
USOC(米国オリンピック委員会)向けパラアスリート用車椅子

多くの競技でこうした技術競争が過熱しており、パラリンピックの車椅子レースも例外ではない。

「2010年にオリンピックのスポンサーとして、チームUSAとのプロジェクトを開始しました」と、ハンプフは話している。

「デザインの見地からは、すべてにおいて形態よりも機能が優先されるという興味深いものでしたが、だからといって形態を無視して良いという訳ではありませんでした」

当然かも知れないが、プロジェクトは風洞実験やカーボンファイバーの加工方法からスタートしている。

その後、シャシー設計の見直しや空気抵抗の削減、さらには完ぺきな重量バランスを実現すべく、3Dスキャナーの測定データに基づくアスリートそれぞれの体格に合わせたカスタマイズへと進んでいる。

「感銘を受けたのはパラアスリートたちの情熱です」と、ハンプフは言う。「彼らは完ぺきを求め、その結果は非常に素晴らしいものとなりました」

2012年、チームUSAは7つのメダルを獲得するとともに、4つの世界記録を樹立している。

いまもデザインワークスはこのプロジェクトを継続しており、ボブスレーとパラアスリート向け義肢装具のデザインを進めている。

製品化のテーマ

プロトタイプ製作、軽量マテリアル、エルゴノミクス、移動方法

 
最新海外ニュース

人気記事