【個性的? 懐かしい?】3本スポークのホイールを装着したクルマ 10選

2020.02.16

6. フォード・プローブ

1980年代後半、冴えない車名が与えられた前輪駆動のクーペをマスタングの後継にしようと考えていたフォードは、このプローブにも3本スポークのホイールを採用した。

しかし、それは退屈なベーシック・バージョンだけである。より魅力的なV6搭載モデルには、5本スポークのホイールが装着されていた(見た目もそちらの方が良かった)。

フォード・プローブ
フォード・プローブ    フォード

7. レンジローバー

大きなガラス張りのキャビンやフロントのルーバー入りグリルと同様、当時の流行に合わせた3本スポークのホイールも、巨大で派手やかで威圧感があるレンジローバーらしいものだった。

そしてこのホイールは、30年間も現役だったのだ。他のクルマがとっくにやめた後でさえも…。

レンジローバー
レンジローバー    JLR

8. スマート・ロードスター

スマートのラディカルなリア・エンジンのロードスターとロードスター・クーペには、ベーシックなスチール製からポリッシュ加工されたアロイ製まで、数種類のホイールが用意されていた。その中に、3本スポークのホイールが2セット、そう2セットもあったのだ。

どちらも優れたデザインで、このクルマによく似合っていた。しかし、楽しいのは見た目だけだった。残念なことに、このスマートの双子は運転するとそれほど楽しくなかったのだ。

スマート・ロードスター
スマート・ロードスター    ダイムラー
 
最新海外ニュース

人気記事