【個性的? 懐かしい?】3本スポークのホイールを装着したクルマ 10選

2020.02.16

9. フォード・フィエスタRSターボ

3代目フィエスタの高性能モデルであるRSターボは、フィエスタXR2iの1.6Lエンジンにターボチャージャーを装備することで、最高出力133psを発揮する凶暴なコンパクトカーだった。洗練には欠けていたが、オーバーテイク時にはRSコスワースのように速かった。

ボンネットのベント、レカロ製の素晴らしいシート、一見すると農業用のロープがからまったのかと思うようなボディを囲むグリーンのストライプ。そしてもちろん、クラシックな3本スポークのホイールも、すべてRSターボの大事な視覚的特徴だ。

フォード・フィエスタRSターボ
フォード・フィエスタRSターボ    フォード

10. マツダRX-7

これまで挙げた9台にとって、3本スポークのホイールは単純にスタイル上のデザインでしかなかった。

しかし、初代マツダRX-7の後期型において、それはボンネット下に搭載されたエンジンを誇るという意味があった。そのホイール・デザインは、マツダのヴァンケル式エンジンが持つ2つのローターを模ったものだったのだ。

マツダRX-7
マツダRX-7    マツダ

 
最新海外ニュース

人気記事