【復刻 サンライトイエロー】改良新型シビック・タイプRに、リミテッド・エディション登場へ

2020.02.20

マイナーチェンジ 概要

改良新型となったシビック・タイプRは、今回のモデルでその起源に立ち返り、軽量化や専用装備により、ピュアスポーツ性能をさらに追求した。

まずはサーキット性能の進化。フロントグリルの開口面積を拡大し、ラジエターフィンのピッチも狭めてエンジン冷却性能を向上。それによるグリルの拡大で増したドラッグに対して、フロントバンパースポイラーを形状変更して空力特性もチューン。

2020年夏に発売予定の改良新型シビック・タイプR(チャンピオンシップホワイト)
2020年夏に発売予定の改良新型シビック・タイプR(チャンピオンシップホワイト)

ブレーキディスクも2ピース化してディスク倒れを減少、連続走行による踏力の変化を低減させている。

次に一体感/ダイレクト感の進化。足まわりではダンパー、ブッシュ、ジョイントなど、通常はマイナーチェンジでは手を入れないような領域までリファインし、コーナリング・シーンにおけるハンドリング性能を向上させている。また、緻密なダンパー制御により、荒れた路面での接地性や制振性も向上している。

内装も撮影 どう変わる?

そして、ドライビング空間の進化。インテリアはスエード表皮(アルカンターラ)で統一され、とくにステアリングホイールはグリップ形状や太さにまでこだわり、質感と機能性を向上させている。

シフトノブは現行の丸型からノブの傾きを認識しやすいティアドロップ型に変更し、ノブ内には90gのカウンターウエイトを内蔵してインギアの収まりを良くしている。

リミテッド・エディション(サンライトイエローII)の内装
リミテッド・エディション(サンライトイエローII)の内装

今回のマイナーチェンジでは、エンジンや吸排気系には手は入れられていない。タイプRの開発責任者である柿沼氏は「マイナーチェンジでそこまでやるのは難しいし、今回は現状のエンジンのままでの最適な改善を目指した」と語っている。

また、現代のスポーツカーは、ただハイパワーで速ければ良いわけではなく、先進安全機能も求められる。

改良新型シビック・タイプRも、ベースとなっているノーマルのシビック・ハッチバックと同等の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備している。これは日本仕様だけでなく、全世界で共通の装備だ。

 
最新海外ニュース

人気記事