【ムッソリーニが所有していた】貴重なアルファ・ロメオ6C1750SS 大掛かりなレストアへ

2020.02.22

100字サマリー

イタリアのファシズム指導者ベニート・ムッソリーニが最初のオーナーだったというアルファ・ロメオに、当時の姿を取り戻すための大掛かりなレストア作業が施されることになりました。

もくじ

ムッソリーニがラリーに出場
レース仕様に改造された現在の姿
オリジナルの状態を復元するために
数千時間のレストア作業が必要

ムッソリーニがラリーに出場

text:Lizzie Pope(リジー・ポープ)
image:Ashley Border/Archivio Luce(アシュレイ・ボーダー/アルチヴィオ・ルーチェ)

ベニート・ムッソリーニが最初のオーナーだった稀少なアルファ・ロメオ6C1750スペル・スポルトに、徹底的なレストレーションが施されることになった。現在は写真のような状態だが、最終的にはコンクール・レベルのコンディションにまで仕上げられる予定だ。

このアルファは1930年1月、イタリアの独裁政権で知られるムッソリーニに納車されたと、資料に書かれている。当時の価格は6万リラだったという。ムッソリーニがこのアルファを運転し、ローマ・オスティア間で行われたラリーの一区間を走っている様子を収めたフィルムも残されている。

新車当時のアルファ・ロメオ6C1750SS
新車当時のアルファ・ロメオ6C1750SS

数奇な運命から残っていたこのクルマの写真や映像は、失われたかつての姿を取り戻すための手掛かりとなるだろう。

レース仕様に改造された現在の姿

ムッソリーニのコレクションとして数年を過ごした後、この車台番号6C0312898は、1937年3月21日にレナト・ティジッロに買い取られた。同年8月、東アフリカ・エリトリアの首都アスマラに運ばれたと推定される。

オリジナルはスタビリメンティ・ファリーナ製ボディのスポーツ・レーサーだったが、この時代にフェンダーやウインドシールド、ヘッドライトなどの公道走行用装備が取り外され、現在のようなレース仕様に仕立てられたようだ。

現在のアルファ・ロメオ6C1750SS
現在のアルファ・ロメオ6C1750SS

当時、エリトリアはイタリアの植民地だった。その首都アスマラではイタリア人の若者たちによって、多くのヒルクライムや公道レースが行われていた。

 
最新海外ニュース