【死ぬまでに一度は運転しておくべき?】最高の50台 一挙ご紹介 50位から35位まで

2020.02.29

サマリー

英国版AUTOCARスタッフ、アンドリュー・フランケルが独断と偏見で死ぬまでに運転しておくべき50台をリストアップしました。控え目とも言えるモデルからスーパーカーまで、ランクインしたのはいずれも個性溢れる1台ですが、1位となったのは納得のあのクルマでした。

もくじ

50位~47位
46位~44位
43位~41位
40位~38位
37位~35位
番外編1:英国版AUTOCAR編集部 憧れの1台

50位~47位

50位:BMW M3 (E46)

最高のMカーではないかも知れない。だが、いまもっともお買い得なMモデルであることに間違いはないだろう。

自然吸気ストレートシックスを積んだ最後のMとして、多くがその3.2Lエンジンが奏でるサウンドだけでも今回のリスト入りに値するというかも知れないが、最高のバランスを誇るシャシーも忘れるわけにはいかない。

49位:フォード・モデルT

BMW M3 (E46)
BMW M3 (E46)

速くもなければ運転して素晴らしいわけでもない(実際このクルマの運転は悪夢だ)。

だが、史上初めて一般のひとびとに自動車を普及させることで、クルマに対する概念を変えることに成功したというだけで、これまで登場したなかでもっとも重要な1台だと言えるのだ。

48位:ベントレー・ターボR

使われている技術は決して素晴らしいという訳ではないが、これほど独特な魅力を備えたクルマなど他にあるだろうか?

かつては「4つのタイヤを履いた激情」とも呼ばれたターボRとはベントレーのプライドであり、現在の成功への道筋をつけたモデルでもある。

47位:ルノー・クリオ・ウィリアムズ

当時も決して最速のホットハッチという訳ではなかったが、いまもドライバーに最高の移動の楽しみを与えてくれる存在であることに変わりはない。

軽快さと落ち着き、そして驚くべきドライバーとのコミュニケーション能力が、クリオ・ウィリアムズを世界最高のホットハッチ創りの名手が送り出したなかでも最高の1台にしている。

 
最新海外ニュース

人気記事