【あるガレージの挑戦】EVビートルで復活 見つめるのは未来

2020.03.20

サマリー

2017年、英国グレンフェルタワーを襲った火災により一時は倒産の危機に瀕していたガレージが、自らの能力を示すべく創り上げた1台のEVビートルをきっかけに見事な復活を遂げています。明るい未来を実現すべく、現状に留まることなく前進を続けるガレージの物語です。

もくじ

火災の影響
状況は最悪 変化が必要
急速な学び
最高の選択肢
時代に対応 将来へのアイデア
番外編:バンブルビーを体験

火災の影響

ロンドンはノッティングヒルにあるジャックズ・ガレージは大忙しだ。

リフト上では2代目ゴルフのオーバーホール作業が進められ、ボディショップでタイプ2キャンパーにパーツの組みつけが行われているなか、電話がけたたましく鳴り響いている。

EVビートルで復活
EVビートルで復活

あの悲劇的な火災の余波を受け、ちょうど1年前にはこのフォルクスワーゲンのクラシックモデル専門店が倒産の危機に瀕していたなどとは想像すらできないだろう。

もちろん、67mの高さで背後に迫るグレンフェルタワーの存在を意識しない訳にはいかない。

白いシートが大規模な火災の痕跡を覆い隠しているが、2017年の出来事はいまもハッキリとその傷跡を残している。

12年間ジャックズ・ガレージを続けてきたオーナーのジョセフ・サラマは、あの火災の後の数カ月間、タワーに近いというだけで、どれほどガレージの経営が影響を受けたかを話してくれた。

「パーツは届かず、お客様も車両の引き取りや持ち込みが出来なくなりました」と、サラマは言う。

さらに、タワーの惨状を見て取り乱す顧客を落ち着かせる必要が何度もあったそうだ。

「タワーに近いというだけで、多くのひとびとがガレージに近づこうともしません」と、サラマは話す。

「意識するしないにかかわらず、現場近くに来るか来ないかを選べるのなら、多くのひとびとが来ない方を選択するでしょう」

2017年のクリスマスが近づいても、売上は過去最低の状況が続いており、サラマに残された道はガレージの規模を縮小することだけだった。

「スタッフの多くが自ら退職を申し出てくれましたが、それでも何人かは解雇せざるを得ませんでした」と、彼は言う。「スタッフの数は半分以下になりました。かつては14人でしたがいまは7名です」

 
最新海外ニュース

人気記事