【グッドウッド雪上版?】GPアイスレース あまりにも見事な非現実世界

2020.03.22

サマリー

オーストリアはツェル・アム・ゼーの飛行場を舞台に行われているGPアイスレースというイベントをご存知でしょうか? グッドウッドの雪上版とも言えるこのイベントには、スキージョリングという一風変わったスポーツとともに、古今東西の名車が集まっています。

もくじ

狂気の世界
スキージョリング?
復活の立役者 ポルシェ博士のひ孫
現実とは思えない世界
番外編1:氷の上の変わり種
番外編2:ラリーとスキーの出会い

狂気の世界

ほとんど無音のまま走行するフォーミュラEマシンもすでに見慣れた存在だが、ダニエル・アプトがステアリングを握るアウディeトロンFE06が疾走する姿はとても現実のものとは思えなかった。

このシングルシーターが走行しているのはサーキットではなく、凍結した飛行場にある雪で覆われたコースであり、このマシンが履いているのはスタッドが打ち込まれたアイスタイヤなのだ。

フォーミュラEのレースが普通に思えて来る…。
フォーミュラEのレースが普通に思えて来る…。

さらに、リアのディフューザーからは牽引ロープが延び、その先にはスキーヤーが必死でしがみついている。

だが、これがこの氷のサーキットで目にすることの出来る、もっとも非現実的な光景というわけではない。

視線を転じれば、2012年のダカールラリーを制したミニ・オール4レーシングが氷の上を滑るように走行している。

ポルシェ・タイカンとともにコースを周回するのは歴史的価値を誇るポルシェ911であり、なぜかそのルーフにはサーフボードが積まれている。

さらには、軽くモディファイされたベントレー・コンチネンタルGTが練習走行を行っている。

そして、ハンス=ヨアヒム・スタックが、かつて自らがF1デビューを果たしたマシンを復活させ、6つ(そう6輪だ)のスタッド付きタイヤを組み合わせている。

そう、これが狂気のGPアイスレースの世界だ。

 
最新海外ニュース

人気記事