【グッドウッド雪上版?】GPアイスレース あまりにも見事な非現実世界

2020.03.22

番外編1:氷の上の変わり種

マーチ・コスワース761/5

1974年、ハンス=ヨアヒム・スタックはこのマーチ製シャシーでF1デビューを果たしている。

6輪の2-4-0コンセプトなど、さまざまなスペックで何度か復活したものの、今回は1976年の761/5仕様でレストアされることとなった。

マーチ・コスワース761/5
マーチ・コスワース761/5

さらなるグリップを確保するため、リアアクスルには4本のスタッド付きタイヤが装着されている。

オクラサ・スペシャル

英国でポルシェとフォルクスワーゲンのディーラーを営んでいたデビッド・スモールが、スペアパーツとアルミニウム製の飛行機用ボディパネルを使ってこのクルマの制作に着手したのは1958年のことだった。

半世紀もの間ガレージでの眠りについた後、現オーナーのスティーブ・ライトが10年以上を掛けて仕上げている。

走行距離はまだ800kmにも満たない。

ポルシェ・タイプ64

フォルクスワーゲンのタイプ60ビートルをベースに開発されたこのタイプ64は、1939年に開催されたベルリン=ローマ・レース用にフェルディナント・ポルシェが初めて設計したクルマだった。

10年前にオリジナルモデルが復活した時、同時にレストアを担当したマイケル・バーバックはこのレプリカを製作している。

 
最新海外ニュース

人気記事