【グッドウッド雪上版?】GPアイスレース あまりにも見事な非現実世界

2020.03.22

番外編2:ラリーとスキーの出会い

驚愕と非現実性の双方において、スキージョリングとはこれまで見たなかで最高のモータースポーツかも知れない。

スキーヤーがコース中をクルマで牽引され(時には馬や犬、スノーモービルのこともある)、もっとも速く周回したものが勝者となるが、そのためにはさまざまな技術が求められる。

GPアイスレース
GPアイスレース

プロスキーヤーのドミニク・ハートマンを牽引するのは、友人のドミニク・リッカーが運転するイエーガーマイスターカラーに塗られた911だ。

「体力的にも大きな負荷が掛かります」と、ハートマンは言う。

「牽引ロープに掴まっているだけでも大変な腕の筋力が必要とされるのです」

彼によれば、コツはそれぞれのコーナーでスキーヤーとドライバーの双方が意思疎通を図ることだと言う。

ドライバーがペースを設定し、スキーヤーが牽引ロープの長さを調節することでクルマとの距離をコントロールするのだ。

「お互いが何をしようとしているのかを理解する必要があります」と、ハートマンは話している。

「コーナーでスピードを維持するにはラリーカーにはドリフト走行が求められます。そして、スキーヤーは滑らかなライン取りを行うため、コーナーのイン側を滑る必要があるのです」

 
最新海外ニュース

人気記事