【超軽量EVスポーツカー】エイペックスAP-0コンセプト(660ps) 1940万円 2022年後半生産 英国

2020.03.30

サマリー

超軽量EVコンセプト「AP-0」が披露されました。最高出力660psを発揮する、軽量、高速、快適なスポーツカーで、2022年後半に、英国で生産を開始するそうです。

もくじ

電動スーパーカーの新型
航続距離515km 最高のEVスポーツカーを目指す
エイペックスとは

電動スーパーカーの新型

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)

エレメンタルRP1で知られる、ブリット・ガイ・コルボーンのデザインによる電動スポーツカー、エイペックスAP-0のコンセプトカーが披露された。

英国で設計、製造されるAP-0は、レースにインスパイアされ、公道むけに開発されたと言われており、2022年後半に生産が開始される。

エイペックスAP-0 コンセプトカー
エイペックスAP-0 コンセプトカー

販売価格は15万ポンド(1940万円)から。

このゼロエミッションモデルは、ピニンファリーナ・バッティスタ、リマックC_Two、デンドロビウムD-1、ロータス・エヴァイヤを含む、世界中の多くのメーカーや新興企業が発表している、電動スーパーカーの最も新しいモデルとなる。

このモデルは、RP1またはKTM X-Bowのスピリットを引き継ぐものだが、オープントップではないため、より公道での快適さを提供するモデルとなるだろう。

エイペックスは、AP-0の最高出力は660ps、最大トルクは59.1kg-mで、0-97km/h加速は2.3秒、最高速度は306km/hと述べている。

これは、それぞれ「2秒未満」と1.9秒と言われているバッティスタと、C_Twoよりも少し遅いものの、RP1とX-Bowより速い数値だ。

 
最新海外ニュース

人気記事