【四輪駆動ハイブリッド】トヨタ新しい小型SUV 冬季テストを開始 2020年後半発表 欧州

2020.03.30

サマリー

今年後半に発表が予定されている、トヨタの新しい小型SUVが、冬季テストを行う様子が撮影されました。四輪駆動とハイブリッドが搭載され、ヤリスよりも車高が高く、新しいヘッドライトデザインが採用されるようです。

もくじ

冬季テストを開始
人気のコンパクト・ハイライディング

冬季テストを開始

text:Tom Morgan(トム・モーガン)

今年の後半、トヨタはヤリスベースの小型SUVをヨーロッパ向けに発売する。

今回、四輪駆動とハイブリッドパワートレインを特徴とする、この新しいモデルのプロトタイプが、寒冷地でテストを受ける様子が撮影された。

トヨタの新しい小型SUVのテスト車両
トヨタの新しい小型SUVのテスト車両

テスト車両は、現行ヤリスをベースとしたボディシェルが採用されているが、ヤリスよりもはるかに車高が高く、ヘッドライトに新しいデザインが施されていることがわかる。

人気のコンパクト・ハイライディング

新しいクロスオーバーの投入は、1月の同社のショーケースイベントで初めてアナウンスされ、その後リアスタイリング画像が公表されている。

3月のジュネーブ・モーターショーでの発表が予定されていたが、イベントの中止を受けて、今年後半のイベントでの披露へと変更されている。

トヨタの新しい小型SUVのテスト車両
トヨタの新しい小型SUVのテスト車両

新しいヤリス・スーパーミニと同じ、TNGA-Bプラットフォームを採用し、1.5Lガソリンと電気モーターのハイブリッドパワートレインが搭載されるが、全長、全幅、全高、ホイールベース共にヤリスより長くなる。

人気のコンパクト・ハイライディングのセグメントに、新しい小型SUVを投入することにより、トヨタは、2025年までに、このモデルとヤリスがヨーロッパにおけるトヨタの販売台数の約30%を占めることを目標としている。

C-HRのすぐ下のモデルとなる、この新型コンパクトSUVの名称、量産計画、発売時期についてはまだ明らかにされていない。

 
最新海外ニュース

人気記事