【Eクラスの特別仕様】M・ベンツE 200/E 220 dに「ローレウス・エディション」 ワゴン/オールテレインにも

2020.03.31

サマリー

メルセデス・ベンツ日本法人が、Eクラスの特別仕様車を発表。「ローレウス・エディション」は、社会貢献する財団をサポートするモデルです。

もくじ

ローレウス財団とは
ワゴン、オールテレインの装備は?

ローレウス財団とは

ローレウス(Laureus)は、2000年にダイムラーとリシュモン社が共同で設立した財団だ。スポーツを通した社会貢献により、世界の子ども達に希望を与える活動を続けている。これまでに、セリーナ・ウィリアムズ(テニス)、ウサイン・ボルト(陸上)、F1のハミルトン、シューマッハなどが受賞している。

そのローレウスを支援するメルセデス・ベンツのモデルが、日本市場にも存在する。

E 220 d 4マティック・ オールテレインローレウス・エディション
E 220 d 4マティック・ オールテレインローレウス・エディション

それが、Eクラスの特別仕様車「ローレウス・エディション」で、売上の一部が「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」に寄付され、日本における活動に充てられる。

今回受注が始まる「ローレウス・エディション」は、Eクラスのセダン/ワゴン/オールテレインに設定されている。

セダン/ワゴン用の顔ぶれは、「E 200ローレウス・エディション」「E 200 4マティック・ローレウス・エディション」「E 220 dローレウス・エディション」というもの。AMGスタイリングパッケージや、Qi規格対応の携帯電話を無線充電するワイヤレスチャージ機能、ヘッドアップ・ディスプレイを標準装備。

新たに、上質なナッパレザー内装やシートヒーター(後席)、Burmesterサラウンド・サウンドシステムなどを装備する「エクスクルーシブパッケージ」をオプション設定する。

また、全てのローレウス・エディションのセンターコンソールには「Laureus」のロゴがデザインされたバッジが装着される。

 
最新海外ニュース

人気記事