【販売 2万台超え】5ナンバーSUV、ダイハツ・ロッキー JNCAPでファイブスター賞に輝く

2020.05.27

サマリー

ダイハツ・ロッキーが好調です。DNGAの第2弾モデルとして登場。新プラットフォーム、5ナンバーSUV、スマートアシストという商品力で、これまでに2万台を販売。JNCAPの衝突安全性能評価でも最高ランクに。

もくじ

DNGAプラットフォーム採用
ブーン以来2度目の受賞

DNGAプラットフォーム採用

ダイハツの小型SUV「新型ロッキー」が好調だ。昨年11月に発売されてから、4月末までに2万1514台を販売。

3月末の販売台数は、ホンダ・ヴェゼル(4404台)を抜いて、トヨタC-HR(5172台)に迫る5011台を記録。ダイハツの販売をけん引するモデルに成長している。

JNCAPの衝突安全性能評価で、ファイブスターを受賞したダイハツの小型SUVロッキー。
JNCAPの衝突安全性能評価で、ファイブスターを受賞したダイハツの小型SUVロッキー。

好調の要因は、ダイハツの新世代モデル第2弾として「DNGA」プラットフォームを採用、取り回しの良い5ナンバーサイズながら、広い室内空間・力強いデザインを獲得したこと。

とくにクルマづくりの観点では、JNCAP衝突安全性能評価でファイブスターを獲得したことが、安全面の裏付けとなった。

ブーン以来2度目の受賞

JNCAPの衝突安全性能評価は、交通事故の発生状況と装備・機能による被害軽減効果から、評価項目ごとの被害軽減効果を点数化するもの。

2018年度からは、「乗員保護性能」「歩行者保護性能」「シートベルト着用警報」の3項目において、100点満点で審査が行われている。

JNCAPの衝突安全性能評価で、ファイブスターを受賞したダイハツの小型SUVロッキー。
JNCAPの衝突安全性能評価で、ファイブスターを受賞したダイハツの小型SUVロッキー。

今回ロッキーは85.7点を獲得し、最高評価となる「ファイブスター賞」を受賞した。同賞は、100点満点中の82.0点以上の与えられるものだ。

ダイハツの生産車が「ファイブスター賞」を受賞するのは、2016年度の小型車「ブーン」以来の2度目である。

予防安全機能「スマートアシスト」を採用し、日常からレジャーまで幅広くユーザーニーズに応えるロッキーが、ダイハツの好調を支えている。

 
最新海外ニュース

人気記事