【どんなクルマが、どこで売れている?】世界の市場 カテゴリー別新車販売実績 2020年はどんな年に?

2020.05.30

サマリー

各国、各カテゴリ―別に2019年の新車販売状況を振り返ってみました。中国市場が2年連続縮小するなど主要各国が軒並み前年割れを記録した一方で、911やマスタングの好調ぶり、そしてテスラの躍進が光る一年となりました。2020年はどんな年になるのでしょうか?

もくじ

2019年は波乱の年
各市場別世界販売状況*
フランス vs 英国
ボディスタイル別:欧州での人気モデルは?
グループ販売台数:世界最大の自動車グループは?
スポーツカー:911の強さは変わらず
超高級車市場:ロールスが好調
パフォーマンスモデル市場:マスタングの圧勝 ボクスター失速
米国市場:GMがトップを堅持

2019年は波乱の年

2019年の自動車業界はふたたび大きな混乱に見舞われることとなった。

中国の新車市場が2年連続で縮小するとともに、米国、日本、英国、そしてインドでも販売台数が減少している。

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3

だが、こうした市場で320万台近く新車販売が減少した一方で、ドイツとフランス、ブラジルでは販売数量増を記録している。

2020年も中国市場の減少傾向は続くと予想されており、とくに新型コロナウイルスの影響が懸念材料だ。

一方、フォルクスワーゲンは引き続きディーゼルゲートの余波に苦しみながらも、トヨタを上回って世界販売台数トップの座を維持することに成功した。

世界的なSUV人気が継続するとともに、米国市場ではGMがフォードを抑えてトップの座を維持している。

スポーツカーのカテゴリーでは911が並み居るライバルを打ち負かした結果、ポルシェが2019年もトップの座に君臨した。

パフォーマンスカー市場ではフォード・マスタングがベストセラーとなり、テスラのモデル3が世界のEV市場を席捲している。

今回ご紹介するすべてのデータは世界全体の85%を占める53の市場に関するJato Dynamics社の速報値に基づくものだ(12月実績には予想値も含む)。

 
最新海外ニュース

人気記事