【ミニバンより魅力的?】プジョー5008(3列シートSUV)/3008に、サンルーフ標準の特別仕様車「クロスシティ」

2020.06.01

サマリー

プジョーが5008、3008に、パノラミック・サンルーフ/上級シートを標準装備した「クロスシティ」を追加。2Lディーゼル車に設定。とくに3列7人乗りの5008は、ミニバン・オーナーをターゲットにしています。

もくじ

「クロスシティ・ブルーHDi」とは
クロスシティ 内装/外観
クロスシティ 価格

「クロスシティ・ブルーHDi」とは

近年の新車市場では、ミニバンからSUVへの買い替えが1つの流れになっている。

そうしたなかプジョー日本法人が、SUVの「5008」「3008」に、パノラミックサンルーフなどを標準装備する特別仕様車、「クロスシティ・ブルーHDi」を設定し発売した。

3列シート7人乗りSUV、プジョー5008に設定された特別仕様車「クロスシティ・ブルーHDi」。
3列シート7人乗りSUV、プジョー5008に設定された特別仕様車「クロスシティ・ブルーHDi」。

プジョー5008は、3列シート7人乗りが魅力のSUV。3008は、ブランドの販売をけん引する人気モデル。今回の特別仕様車は、それぞれの2Lディーゼル車に設定される。

特別装備の内容は、走行面では、クリーンディーゼル+8速ATの悪路走破性を高める「アドバンスト・グリップコントロール」を装備することで、本機能には「ヒルディセント・コントロール」も付いている。

クロスシティ 内装/外観

内装面では、下記の装備などが標準搭載されている。

・アルカンタラ&テップレザーシート
(運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート、前席シートヒーター付き)
・グリーン系ステッチを施したインテリア
・アルミペダル
・フロントドアステップガード
・ハンズフリー電動テールゲート
・パノラミックサンルーフ(電動メッシュシェード付き)

3列シート7人乗りSUV、プジョー5008に設定された特別仕様車「クロスシティ・ブルーHDi」の内装。上級シートとサンルーフが標準装備となる。
3列シート7人乗りSUV、プジョー5008に設定された特別仕様車「クロスシティ・ブルーHDi」の内装。上級シートとサンルーフが標準装備となる。

また外観は、18インチ・ホイール(LOS ANGELES)/マッド&スノータイヤ、コンパスがモチーフの「CROSSCITY」エンブレム、Bピラーステッカー、クローム・ドアミラーで上質なものに仕上げた。

クロスシティ 価格

フランス車として注目したいのは、上級シートが選ばれていること。5008と3008の日本販売は、ディーゼル車が8速AT化されたときに導入された「ファーストクラス・パッケージ」が、セールスの半数を超えているという。

同社は、今回の特別仕様車を「フランス車ならではの高品位なシートへのご要望にお応えするために設定いたしました」と説明。

プジョー3008にも「クロスシティ・ブルーHDi」が設定される。「CROSSCITY」エンブレムと、Bピラーのステッカーが目印。
プジョー3008にも「クロスシティ・ブルーHDi」が設定される。「CROSSCITY」エンブレムと、Bピラーのステッカーが目印。

こうした強みと悪路走破性を売りに、プジョーではとくに5008を、ミニバンオーナーからの買い替えを想定したポストミニバン車と位置付けている。

特別仕様車「5008クロスシティ・ブルーHDi」の価格は504万9000円。「3008クロスシティ・ブルーHDi」は479万9000円。

 
最新海外ニュース

人気記事