【アルファード/ヴェルファイア】予防安全性能評価大賞に どれくらい、すごいこと? JNCAPとは

2020.06.03

JNCAPとは、いったい何なのか?

JNCAPとは、ジャパン・ニュー・カー・アセスメント・プログラムの略称だ。国土交通省と連携して、独立行政法人 自動車事故対策機構が行う。

アセスメントとは、試験などによって評価する、という意味だ。


自動車の事故に対する安全性技術について評価する。

自動車の安全性については道路運送車両法よって、保安基準が設けられているため、自動車メーカー各社は独自技術によって保安基準を確保している。

アセスメントとは、そうした保安基準に適合し販売されている自動車に対して、試験などによる評価をし、その結果を公表することで、自動車メーカーと消費者に対して自動車の安全性に対する関心を高めてもらう狙いがある。

こうした考え方は、アメリカ、欧州、中国、オーストラリア、韓国をはじめインドや東南アジアなど世界各国や地域で行われている。

ただ、国や地域によって道路インフラや発生事故の内容などに違いがあることなどから、アセスメントに対する試験項目や、実施の走行速度などの設定に違いがある。

そのため、自動車メーカーとしては各地で様々な試験内容を加味した上で、製品の企画と開発を進める必要があり、こうしたコストが新車価格の上昇要因にもなっている。

では、アセスメントの試験とは具体的にどういったものなのか?

 
最新海外ニュース

人気記事