【2トーンで差をつけろ】ランボルギーニ・ウルス 2021年型に「パール・カプセル」 初のデザイン・パック

2020.06.18

サマリー

ランボルギーニ・ウルス「パール・カプセル」が登場。スーパーSUVのデザインを引き立てる、ウルス初のカスタマイズ・オプションです。最新の2021年モデルでは、ADASのアップデートも適用されています。

もくじ

ウルス・パール・カプセルとは
内装まで2トーンに
ADASにパークアシストも

ウルス・パール・カプセルとは

伊アウトモビリ・ランボルギーニが、スーパーSUVのウルスに「パール・カプセル」というデザイン・パッケージを設定した。

ウルス初の専用カスタマイズ・オプションである。

ランボルギーニ・ウルスの2021年型に設定されるパール・カプセル。
ランボルギーニ・ウルスの2021年型に設定されるパール・カプセル。

これは、ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレが、ウルスの魅力をさらに引き出すショーケースとして送り出すもの。

ジアッロ、インティ、アランシオ、ボレアリス、ヴェルデ・マンティスといったランボ伝統の4層パール・カラーの外装色に、黒のパーツを組み合わせているのが特徴。

ルーフパネル、リア・ディフューザー、スポイラーリップなどをハイグロス・ブラックにして、力強い外観をさらに引き締めているのだ。

内装まで2トーンに

さらに、マットグレーのテールパイプ、ボディと同色の挿し色が入った23インチ・ホイールで、足もとをコーディネートしている。

パール・カプセルでは、内装にも2トーンカラーが引き継がれ、六角形のステッチ、シートに刺繍されたロゴが乗員を迎える。また、各部をカーボンファイバー、ブラックアルマイト、アルミニウムなどで仕上げた。

ウルス・パール・カプセルのインテリア。
ウルス・パール・カプセルのインテリア。

さらに本パッケージ専用のオプションとして、フル電動式のエリーパーフォレーテッド・アルカンターラを施したシートも用意されている。

同社のステファノ・ドメニカリCEOは、「新たなオプションによって、オーナーとなる皆さまが、ご自身の個性、ライフスタイル、冒険心を、ウルスで表現することができるようになるのです」と紹介している。

ADASにパークアシストも

また、今回の発表にあわせて、2021年モデルのウルスには、12種類の機能とヘッドアップ・ディスプレイを備えた先進運転支援システムが標準搭載されることが分かった。

加えて、操舵、加減速、制動を自動制御することで、縦列・並列駐車のサポートをする「パーク・アシスト・パッケージ」をオプションに設定。1つのボタンを操作するだけで、駐車操作を支援するという。

ランボルギーニ・ウルスの2021年型に設定されるパール・カプセル。
ランボルギーニ・ウルスの2021年型に設定されるパール・カプセル。

2021年モデルのランボルギーニ・ウルスの欧州価格は、18万6134ユーロ(2246万円)からとなっている。

 
最新海外ニュース

人気記事