【違いがハッキリ】M・ベンツ新型GLA ライバルとデータ比較 X2/XC40/イヴォーク/CX-30/XV/ヴェゼル

2020.06.29

サマリー

日本導入されたベンツの「新型GLA」。購入の際に気になる対抗SUVとデータ比較してみましょう。BMW X2、ボルボXC40、イヴォーク、マツダCX-30、スバルXV、ホンダ・ヴェゼルとスペック比較します。

もくじ

GLAを、国内外の6モデルと比較
ボディサイズ
最低地上高
荷室容量
車両重量
燃料タンク容量
最高出力
最大トルク
トランスミッション
0-100km/h加速
燃費
価格

GLAを、国内外の6モデルと比較

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)

メルセデス・ベンツGLAがフル・モデルチェンジされ、コンパクトSUVが一躍注目されることになった。

そこで、新型GLAのライバルとなろう全長4.4m前後で四輪駆動が設定されているモデルを中心に、各項目で対比してみることにした。

6月25日にメルセデス・ベンツ日本法人は新型GLAの受注を開始。導入モデルは、ディーゼル・ユニットを積む「GLA 200 d 4マティック」。
6月25日にメルセデス・ベンツ日本法人は新型GLAの受注を開始。導入モデルは、ディーゼル・ユニットを積む「GLA 200 d 4マティック」。

ここでピックアップしたのは、インポートカー、日本車を合計6モデル。前者は、BMW X2、ボルボXC40、さらに、全長こそ小さいがひとクラス上となるランドローバー・イヴォークはベースグレードがGLAと同じ価格帯にあるため含めてみた。

アウディQ3は新型が日本導入される前のため外してある。

日本車ではマツダCX-30、スバルXV、ちょっと小さいがホンダ・ヴェゼルを選んだ。

メルセデス・ベンツGLAが新型に切り替わったのを機に、これからSUVを狙っている方や口プロレスを楽しむ方のために11項目の比較データを用意している。

ボディサイズ

まずは、ボディの3サイズを見ていこう。ヨーロッパ勢の全幅はすべて1800mmを超えるのに対し、日本車は国内での取り回しを考えて、1800mm以下に抑えているのが特徴。

イヴォークは全長が短いが幅広で背高なことが分かる。

メルセデス・ベンツGLA 200 d 4マティック。
メルセデス・ベンツGLA 200 d 4マティック。

数値は全長・全幅・全高の順で記載。

GLA:4415×1835×1620mm
X2:4375×1825×1535mm
XC40:4425×1875×1660mm
イヴォーク:4380×1905×1650mm
CX-30:4395×1795×1540mm
XV:4465×1800×1550mm
ヴェゼル:4330×1770×1605mm

 
最新海外ニュース

人気記事