【バラバラ盗難車】盗まれたホンダ・シビック・タイプRのエンジンは取り戻せるか? 米国販売のその後

2020.06.30

サマリー

日本から盗難された90年代製を中心とする日本車が、国内で解体され、違法に輸出されています。それがアメリカの日本車専門店で販売されている事は以前お伝えしました。その後、被害者が取り戻そうと動いています。

もくじ

日本の盗難部品が多数販売(前回のおさらい)
エンジン番号、どうやって確認する?
取り戻すために動き始めた被害者M氏
ホンダ「タイプR」の盗難が激減!?

日本の盗難部品が多数販売(前回のおさらい)

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

日本から盗難された90年代製を中心とする日本車が、日本国内で解体され、違法に輸出されてアメリカの日本車専門店「J-Spec Auto Sports Inc.」のサイトで販売されていた事は以前お伝えした。

AUTOCAR JAPANに記事が掲載された後、TBS「あさチャン」やTBS「Nスタ」などのニュース番組でも報道され、「ジャロプニック」をはじめとする米国の有名自動車メディアにもこの事件が紹介された。

盗まれたホンダ・シビック・タイプRのイメージ。
盗まれたホンダ・シビック・タイプRのイメージ。    ホンダ

また、「盗品を買ったかもしれない」「困っている被害者をサポートしたい」という人達が参加するフェイスブックグループのメンバーは2500人を超えている。

自動車盗難情報局に登録された盗難車のうち、エンジン番号やミッション番号などが一致した車両だけでも13台、被害者の方から筆者に直接届いたメールやSNSなどでの報告によって、J-Specでの販売が確実となった車両を足すと合計30台以上にもなる。

ちなみに盗まれた車たちは被害者が車検証などですぐに照合できないように、まずは車台番号(VIN)を削られる。

もしくは車台番号が刻印されている部分が残らないようにバラバラに解体される。

クルマの形をしていると日本とアメリカそれぞれの税関でのチェックが厳しく、盗難車だとバレる可能性が高くなるため、フロントクリップ、エンジン、ミッション、シート、ホイールなどのパーツにして輸出するのである。

 
最新海外ニュース

人気記事