【助手席に新発想】シトロエン新型C4 EVのeC4 サイズ/内装/プログレッシブ・ハイドローリック・クッション

2020.06.30

サマリー

仏シトロエンが「新型C4」を披露。ボディサイズ、内装、EV仕様のスペックが明らかになりました。欧州では、ガソリン、ディーゼル、EVを用意。助手席の前には、タブレットを固定できる新発想の機能も備えています。

もくじ

シトロエンC4新型とは
eC4、新型C4 スペック
シトロエンC4新型 内装

シトロエンC4新型とは

仏シトロエンが、ハッチバック車の「新型C4」、さらにそのフルEV「eC4」の実車を世界初公開した。

今夏生産を開始し、その後ヨーロッパ各国にデリバリーするという。

新型シトロエンC4の外観。
新型シトロエンC4の外観。

今回アンヴェールされた新型C4シリーズでは、ガソリン、ディーゼル、電気自動車という3つの異なるパワートレインが与えられることになる。

ハッチバックらしいエレガンス/ダイナミズムを備えた外観は、ボディを高く持ち上げることで、存在感を強めたシルエットとなった。そこに、SUVらしい力強さ・個性を融合させたのが、新型C4のスタイリングである。

欧州仕様のボディサイズは下記のとおりとなっている。

全長×全幅×全高:4360×1800(ミラー展開時:2032)×1525mm
ホイールベース:2670mm
最低地上高:156mm
荷室容量:380~1250L

eC4、新型C4 スペック

このうちフルEVとなる「eC4」は、容量が50kWhのリチウムイオン・バッテリーを搭載。航続可能距離は350kmを達成する。

eC4のパフォーマンス・スペックは以下のとおりだ。

新型シトロエンC4の外観。
新型シトロエンC4の外観。

最高出力:136ps
最大トルク:26.5kg-m
航続可能距離:350km
0-100km/h加速:9.7秒
最高速度:150km/h

一方のガソリン車は、1.2L 直3ターボを搭載するピュアテック100、ピュアテック155など、3種類の仕様を用意。

ディーゼル車は、ブルーHDi 110、ブルーHDi 130という2種類を揃えた。

なお、これらの内燃仕様モデルに、ハイブリッド、PHEVといった派生車種が登場するかどうか、現時点では明らかにされていない。

 
最新海外ニュース

人気記事