【ラグジュアリーSUV】新型ベントレー・ベンテイガ 外観、他モデルと共通点 CEO「さらに競合を引き離す」

2020.07.01

まずはV8から W12は年内予定

新型ベンテイガはまず、V8モデルが発売され、続いてプラグインハイブリッドとW12エンジン搭載のスピードモデルの発表を年内に予定している。

4.0L V8ツインターボガソリンエンジンは550ps、78.5kg-mを発揮。最高速度290km/h、0-100km/h加速4.5秒と公表された。

ベントレー・ベンテイガ 
ベントレー・ベンテイガ     ベントレー

航続距離は639km、CO2排出量は302g/km。複合モードの燃費は7.5km/L。

特定の状況で8気筒の内の4気筒を休止するシステムを取り入れる。

会長兼CEO ベンテイガにコメント

ベントレーモーターズのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOは以下のコメントを発表した。

「約5年前に発売したベンテイガはラグジュアリーSUVの先駆けとなりました」

ベントレーモーターズのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEO。
ベントレーモーターズのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEO。    ベントレー

「当社がセグメントのベンチマークを確立して以来、競合他社の進出が相次ぎましたが、ベンテイガほどの万能性を誇るクルマは他にはありません」

「当社は新型ベンテイガによって、ラグジュアリーSUVセグメントの頂点を引き上げ、ライバルのさらなる引き離しを目指します」

 
最新海外ニュース