【クルマの中から観る映画】ドライブインシアター、なぜ世界各地で連日の超満員? 日本も1台1万円が3分で完売

2020.07.05

サマリー

クルマに乗ったままラジオから音声を聴き、広い場所に設置された巨大なスクリーンで映画を観る。ドライブインシアターがコロナ禍以降、欧米を中心に復活、各地で大人気に。海外事情を探り、日本の歴史/現状をお届けします。

もくじ

世界的にドライブインシアターが人気
イランではイスラム革命後、初めて
日本、船橋で始まり大磯で幕 現在は
なぜ世界的人気となったのか?

世界的にドライブインシアターが人気

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

クルマに乗ったまま、FMラジオから音声を聴き、広い場所に設置された巨大なスクリーンで映画を観る……。

ドライブインシアターがコロナ禍以降、欧米を中心に復活し各地で大人気となっている。

全米で約4万のスクリーンが休止に追い込まれる中、ドライブインシアターで映画を楽しむ人たちが急増している。
全米で約4万のスクリーンが休止に追い込まれる中、ドライブインシアターで映画を楽しむ人たちが急増している。    加藤博人

まずはドライブインシアター始まりの地。アメリカの様子をお伝えしよう。

アメリカにおけるドライブインシアターは1933年にニュージャージー州で設立されたPark-In Theaters Inc.がその始まりとされている。

50~60年代の全盛期には全米で約5000ものドライブインシアターが営業していたが、近年は約1割以下の300前後にまで縮小してしまった。

そして、コロナ禍で映画館に対する営業休止命令が出され、全米で約4万のスクリーンが休止に追い込まれる中、ドライブインシアターで映画を楽しむ人たちが急増している。

ニューヨーク近郊でドライブインシアターとレストランを経営する男性はこうコメントしてくれた。

「人々は家から出たがっています。クルマで出かけて家族だけで楽しめるドライブインシアターなら安全なのです」

「今回初めてドライブインシアターに来た人も少なくない。家のテレビで見る映画とは明らかに違う楽しみが得られているのだろう」

ちなみに、この原稿を書いている7月1日、カリフォルニア州は飲食店など特定の業種について、南部を中心に19のカウンティ(郡)で再びクローズされることになった。

6月に再開されていた映画館もこれで再び閉鎖。ドライブインシアターの人気がまた高まりそうだ。

 
最新海外ニュース

人気記事