【高速充電に対応!】ジャガーのEV、Iペイス 欧州で改良新型に 11kW車載充電器搭載

2020.07.06

サマリー

ジャガーIペイスの2021年モデルが、ヨーロッパで発表されました。高速充電が可能な、車載用AC充電器を搭載。車内のインフォテインメント・システムも、ジャガー・ランドローバー最新のものが採用されました。

もくじ

充電機能の強化、最新システム搭載
内外装もアップグレード

充電機能の強化、最新システム搭載

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

ジャガー初のEV、Iペイスの欧州仕様に改良が施され、より高速な充電機能が追加された。

これまでは単相7kWの車載AC充電ユニットを搭載していたが、3相11kWのユニットに強化された。

ジャガーIペイス 2021年モデル
ジャガーIペイス 2021年モデル    ジャガー

従来の7kWの場合、1時間あたり35km分の充電が可能で、空の状態から満充電までは12.75時間かかる。

11kWの家庭用AC交流コンセントに接続することで、1時間あたり53km分の電力を充電できるほか、8.6時間で満充電が可能となった。

15分で最大126km分の急速充電が可能な100kWのDC充電器は、引き続き採用されている。

また、今回の改良により、現在ランドローバー・ディフェンダーにのみ搭載されている同グループ最新のインフォテインメント・システム「Pivi Pro」を、ジャガーで初めて搭載することになる。

Pivi Proは、12.3インチのデジタルインストゥルメント・クラスターと、10.0インチおよび5.0インチのタッチスクリーンを組み合わせたシステム。

無線によるソフトウェアアップデートや、最新のナビゲーションシステムが搭載されている。

リアルタイムの交通情報や充電ステーションのデータを活用し、目的地までのルートを最適化することもできる。

ジャガーは、充電ステーションの空き状況、コスト、充電時間の目安などの情報も提供するとしている。

また、無料の4Gデータプランを含むeSIMが組み込まれたモデルも販売される予定だ。

 
最新海外ニュース