【TAFT 9位に】6月の「軽」販売ランキング、タフトは5079台 2020年の上期シェア、ダイハツ首位に

2020.07.08

サマリー

軽自動車の販売台数レポートです。注目の「ダイハツ・タフト」は、6月に5079台を販売し、ランキング9位に初登場。おかげで今年1~6月は、ダイハツがシェア首位に。ベスト3は、スーパーハイトワゴン勢です。

もくじ

6月単月は17.3%減 日産のみプラス
軽市場 6月のまとめ 今後の展望は?
ベスト3 スーパーハイトワゴン独占

6月単月は17.3%減 日産のみプラス

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

2020年6月の軽自動車の国内新車販売台数は、前年同月比17.3%減の13万2514台と、9か月連続でのマイナスを記録した(全国軽自動車協会連合会まとめ、速報値)。

これで2020年上期(2020年1~6月)の新車販売の成績は、前年同期比20.6%減の80万8081台となり、上期としては4年ぶりの減少に転じた。

DNGA第3弾となるダイハツの新型軽クロスオーバー、ダイハツ・タフト。
DNGA第3弾となるダイハツの新型軽クロスオーバー、ダイハツ・タフト。

6月のブランド別新車販売台数では、3月に軽スーパーハイトワゴンの新型ルークスの販売をスタートさせた日産が前年同月比3.8%増(1万9553台)と3か月ぶりにプラスを記録したものの、それ以外はすべてマイナス。

一方、2020年上期の成績では全ブランドが前年割れとなり、そのなかで前年同期比25.6%減ながら24万1237台を記録したダイハツが、シェアトップにつく。

最大のライバルのスズキは、同21.9%減(24万992台)に甘んじて第2位に位置。

続く第3位には同18.7%減(16万2481台)でホンダが、第4位には同2.3%減(9万9251台)で日産が、第5位には同25.7%減(2万3403台)で三菱自が入った。

苦しい結果となった6月と今後の展望について、関係者の声を聞いてみよう。

 
最新海外ニュース