【ハイ、メルセデス】M・ベンツVクラス(日本仕様)、MBUX標準化 レーダーセーフティ・パッケージも

2020.07.13

サマリー

「メルセデス・ベンツVクラス」が一部改良。対話型の音声認識で話題の「MBUX」が標準装備に。先進運転支援システムも拡充されました。7人乗り、ディーゼルというジャーマン・ミニバンの最新情報です。

メルセデス・ベンツのミニバン

ベンツのミニバンとしてファンが多い「メルセデス・ベンツVクラス」が、一部改良されると発表された。

日本仕様に適用される今回の改良では、まず、安全運転支援システム「レーダーセーフティ・パッケージ」が標準装備となる。

一部改良を受けてMBUXも標準装備となったメルセデス・ベンツVクラス「V 220 d」。
一部改良を受けてMBUXも標準装備となったメルセデス・ベンツVクラス「V 220 d」。

同パッケージの主な機能は下記のとおりだ。

アクティブ・ブレーキアシスト:
レーダーで先行車を検知して追突のリスクを低減

アクティブ・ディスタンスアシスト・ディストロニック:
車間距離を自動で維持し、先行車が停止すれば減速して停止

ブラインドスポット・アシスト:
ドアミラーの死角をモニターして危険を警告

レーンキーピング・アシスト:
車線逸脱をステアリングの微振動で警告

プレセーフ:
危険を察知した際に、安全装備の効果を最大限に高める

もう1つの改良点は、「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が標準装備されること。

「ハイ、メルセデス」でお馴染みの自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメント・システムとして知られる。

ダッシュボード中央の10.25インチ・ワイドスクリーンとともに使用され、音声認識は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ)に加え、空調コントロール、各種ヒーター、照明などにも対応している。

2015年にフル・モデルチェンジを受けたVクラスは、現行モデルは2019年10月に発表された改良新型。

7名乗車のシートレイアウト、左右両側の電動スライドドア、リア・エンタメ・システムなど、日本のニーズにあわせて装備を拡充してきた歴史をもつ。メルセデス・ベンツ日本法人によれば、1998年の導入以来、およそ累計3万台を販売しているという。

一部改良を受けたVクラスの価格は下記のとおり。いずれも2.2L直4ディーゼル・ターボ車で右ハンドルとなる。

V 220 d:781万円
V 220 dアバンギャルド・ロング:805万円
V 220 dアバンギャルド・エクストラロング:831万円

 
最新海外ニュース