【いまだからこそ?】メルセデス・ベンツ「124」に惹かれる背景 オーナーが検証してみた

2020.07.14

サマリー

デビューから35年が経つメルセデス・ベンツ・ミディアムクラス「124」シリーズ。人気が衰える気配がありません。理由は? 実際に92年式のS124型300TEステーションワゴンを所有する島下泰久が考えました。

もくじ

なぜ今、124シリーズ? 一番の理由は
「こうあるべき」を実直に 徹底的に
124、何より快適さが半端じゃない
次に乗りたいクルマが無くなる……?

なぜ今、124シリーズ? 一番の理由は

text:Yasuhisa Shimashita(島下泰久)

デビューから実に35年が経つというのに、人気が衰える気配が無いのがメルセデス・ベンツ・ミディアムクラス「124」シリーズである。

中古車市場を覗くと、タマ数はある方だが価格はセダンなら50万円辺りから、ステーションワゴンは最低でも100万円からで、良いものは200万円は見ておきたい雰囲気となっている。

メルセデス・ベンツ・ミディアムクラス
メルセデス・ベンツ・ミディアムクラス    メルセデス・ベンツ

確かにこの頃までのクラシック・メルセデスは、どれもそうやって価値が下がらないのだが、それにしたって驚いてしまう。

他人事のように書いたが、実は何を隠そうわたし自身もこの124シリーズに心酔している1人である。

ずっと乗り続けているわけではなく、2016年に90年式のW124型300Eセダンを購入し、2年後に92年式のS124型300TEステーションワゴンに乗り換えている。

なぜ今、124シリーズなのか。よく訊かれたのだが、まず一番の理由は……カッコ良さだ。

デザインは今見るとシンプルを通り越して素っ気ないほど。直線基調のデザインは端正そのもので、当時は大きく威張っているようにも見えたラジエーターグリルだって、今や小さく感じられる。

質実剛健というか無機質なテイストだが、それが今、却って美しく見える。

誰かが言っていたのは、メルセデスは高級車ではなく高機能車であり、それゆえに年月を経ても古びることなく、むしろ良く見えてくるのだということ。

最新のメルセデスでは、きっとこうは行かないだろうな……。

 
最新海外ニュース

人気記事