【スペック/価格は?】マクラーレン620R 日本デビュー 新型スポーツ・シリーズ、公道を走るGT4マシンに

2020.07.31

サマリー

マクラーレンの限定車「620R」が、日本デビューを果たしました。レーシングカーの公道バージョンと言えるモデルで、350台だけを製造。日本向けはすでに完売。スペック、内装、パワートレインを解説しましょう。

もくじ

はじめに マクラーレン620Rとは
マクラーレン620R 外観&エアロダイナミクス
マクラーレン620R 内装
マクラーレン620R シャシー
マクラーレン620R パワートレイン
マクラーレン620R 装備
マクラーレン620R 価格
マクラーレン620R スペック

はじめに マクラーレン620Rとは

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

7月31日。マクラーレン・オートモーティブは、オートモビルカウンシル2020の会場で、「マクラーレン620R」を日本初公開した。

このモデルは、昨年の12月にワールドプレミアされている。

マクラーレン620R
マクラーレン620R

マクラーレンのラインナップには、究極のアルティメット/中核のスーパー/入門用のスポーツという3シリーズ、さらに「GT」が設定されているが、この620Rはスポーツシリーズの最新モデルだ。

2017年に発表されたレース専用モデルの570S GT4をベースに開発された、いわばレーシングカーの公道バージョンといえる。

570S GT4は世界中のGTレースなどで、プライベーターのジェントルマンレーサーたちに数多くの勝利を与えてきた。

そんな570S GT4をベースに、公道での走行を楽しみながらサーキットに向かい、そのままレーシングカー並みの走りを味わえるという新モデル「620R」の概略を紹介していこう。

マクラーレン620R 外観&エアロダイナミクス

620Rの外観は、ボディサイズが全長4557×全幅1945×全高1194mm、ホイールベースが2670mm。

570S GT4をベースにしているが、公道走行の承認基準を満たすために、いくつかのモディファイがなされている。

マクラーレン620R
マクラーレン620R

もっとも特徴的なポイントは、カーボンファイバー製のリアウイングだろう。よりクリーンな空気の流れを実現するため、ボディから32cmも上に装着してダウンフォースを増大させる。

このウイングは3段階の角度調整式で、ブレーキランプも内蔵している。角度を強めれば、リアのダウンフォースは最大で185kgになり、より高速でのサーキット走行が可能になる。

フロントのバンパーやスプリッター、そしてボンネットも570S GT4からリデザインされている。スプリッターの特徴的なエアロブレードとカットアウトは570S GT4からそのまま残されているが、カーボンファイバー製のボンネットにはダウンフォースの増大および車両上部のエアフロー除去のために、ノーズ部分にツインホールが設けられている。

フロントにおけるダウンフォースは、コース上の路面に低圧空気の渦を作り、さらに車体側面で空気の流れを加速してブレーキ冷却も向上させるダイブプレーンによって増大される。このダイブプレーンは、フロント全面のエアロパッケージがもたらす、65kgのダウンフォースのうち最大30kgの発生に貢献する。

 
最新海外ニュース