【ホンモノ志向】マクラーレンGT 広がるインテリア選び 3年間メンテナンスフリーパックも導入

2020.08.04

サマリー

マクラーレンGTは、「GT」ならではの持ち味として、内装選びも1つの魅力となっています。この8月から、トリムのオプションが無償メニューに加わりました。また、3年間のメンテナンスフリーパックも登場。

もくじ

「パイオニア」「リュクス」が無償化
高級感をプラスするパッケージも

「パイオニア」「リュクス」が無償化

旅と走り。クルマの根源的な価値を追い求めたとき、マクラーレンが導き出した答えの1つが、時代とともに姿を変えたグランドツアラー像だった。

マクラーレンGTのインテリアは、スポーツ、スーパー、アルティメットという3シリーズとは異なる色彩に包まれている。

マクラーレン第4のシリーズとして登場した「マクラーレンGT」。
マクラーレン第4のシリーズとして登場した「マクラーレンGT」。

トリムの選択肢は、標準仕様の「スタンダード」に加えて、「パイオニア」「リュクス」という2種類のオプションが用意されている。

キャビンをブラック、またはディープレッドで統一する「パイオニア」は、ダークトーンのコクピットをさりげないステッチ・パターンで引き立てる。

「リュクス」は6種類のコーディネートを用意し、濃色とダークカラーで構成されたテーマ、明るく清々しいテーマなど、正統派のエレガンスを感じさせる。

高級感をプラスするパッケージも

これら2種類のトリム・オプションが8月より無償メニューとして選べるようになった。

シート、インテリアパネル、荷室カバーの素材選びの幅が広がったことで、マクラーレン第4のシリーズというGTの個性が明瞭になったと感じる。

ワンランク上の内装をオーダーできる「パイオニア」「リュクス」に加えて、ラグジュリーな「プレミアムパック」が無償オプションになった。
ワンランク上の内装をオーダーできる「パイオニア」「リュクス」に加えて、ラグジュリーな「プレミアムパック」が無償オプションになった。

今回の変更に合わせて、5フルLEDヘッドライト、クロム仕上げのヘッドライトベゼル、Bowers&Wilkins製12スピーカー・オーディオ・システム、電動開閉式グラス・リアテールゲート、キャビン内空気清浄機能をパッケージにした「プレミアム・パック」も無償オプションとなった。

また、メーカー指定点検・法定12/24か月点検・車検点検を3年間無償で提供するメンテナンスフリーパックも導入され、マクラーレンGTの日本仕様は、従来の2645万円から新価格2695万円にプライスタグを改定している。

 
最新海外ニュース

人気記事