自動運転技術「SARTRE」のロードトレイン、公道にて初公開

2012.05.29

ボルボ・カー・コーポレーションがプロジェクトの一員として参画する自動運転技術「SARTRE (Safe Road Trains for the Environment) 」の開発が、実用化に向けて大きな一歩を踏み出した。先導車の後ろをボルボXC60、V60、S60と1台のトラックから構成された隊列(ロードトレイン)が自動運転で200km走りきったのだ。実験の舞台となったのはスペイン・バルセロナ郊外の高速道路で、一般車も走る中、行われたのだという。

「SARTRE」でのロードトレインは実用化に向けて前進している。このプロジェクトは、英国リカルド、スペインのアプルス・イディアダ、ロボチカ、ドイツのアーヘン工科大学車両研究所、スウェーデン国立研究所、ボルボテクノロジー、そしてボルボによる共同事業として進められているものだ。

「1日で200kmを走破し、実験は上手くいきました。とても喜ばしいことです」とボルボ・カー・コーポレーションにて「SARTRE」プロジェクトマネージャーを務めるリンダ・ワールストロームはコメントしている。

「ロードトレイン」は、プロのドライバーが運転する先導車の後ろに何台もの車が続く形式で構成される。ボルボやボルボテクノロジーが採用している、カメラやレーダー、レーザーセンサーなどの機能を含む既存の安全システムに基づき、各車両は先導車や、前後の追従車もモニターする。ワイヤレス通信を追加することにより、追従する各車両はリカルドの自律制御により、先導車の加速度・ブレーキ・方向性を正確に監視してその動きを模倣するという。

このプロジェクトは、ドライバーが運転中に別の事をして過ごしたり出来る、より快適な環境を提供する事を目標にしているという。ドライバーは、PCで仕事をしたり、読書をしたり、くつろいだ状態でランチを楽しむ事が可能となる。

また、当然、このプロジェクトは交通安全の向上にも繋がる。環境への影響を軽減し、スムーズなスピード制御によって車の渋滞のリスクを軽減できることとなる。

 
最新国内ニュース

人気記事